• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
郡司次郎正 (じろうまさ) の小説。大老井伊直弼の落胤 (らくいん) が、桜田門外の変で実父を斬るまでを描く。
伊藤大輔監督・脚本による映画の題名。昭和6年(1931)公開。出演、大河内伝次郎、梅村蓉子ほか。
大曽根辰保監督による映画の題名。出演、田村高廣、高千穂ひづるほか。
[補説]はいずれもを原作とした作品。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉