• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

朝鮮の民間信仰。天道教(東学)の分派で、1856年に崔済愚が創始。一時衰退したが、1906年に李容九が再興。儒教・道教・シャーマニズムの習合したもので、天命を敬い、天道を明らかにし、天主に仕えることを教義とし、誠・敬・信の三義を道の体とした。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉