《動詞「さぶらう」の連用形から》

  1. 主君や主家のそば近くに仕える者。さぶらい人。

    1. 親王摂関家などに仕えて、家務に携わる者。

      「若き―どもの五六人、汚なげなき姿にて雪まろばしするを見るとて」〈狭衣・二〉

    2. ㋑武器をもって皇族や貴族の警固に任じた者。禁中滝口北面東宮帯刀 (たちはき) の類。のち、上級武士の身分を表す呼び名となる。さむらい。

      「宮の―も、滝口も」〈紫式部日記

    3. ㋒武家に仕える者。家の子。武士。さむらい。

      「―五騎、童一人、わが身共に七騎取って返し」〈平家・七〉

  1. 下侍 (しもさぶらい) 」に同じ。

    1. 「―にて男どもの酒たうべけるに」〈古今・夏・題詞〉

  1. 侍所 (さぶらいどころ) 」の略。

    1. 「東の対の北の端、東面などは―にせさせ給へり」〈栄花・本の雫〉