• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ある人・物と他の人・物とが、互いに頼り合う間柄であること。

  1. 論理学で、ある事物の存在・状態・価値などが、他の事物によって規定され、制約される関係。原因に対する結果、目的に対する手段、理由に対する帰結など。依属。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉