1. その事物がどのくらい役に立つかの度合い。値打ち。「読む―のある本」「―のある一勝」

  1. 経済学で、商品が持つ交換価値の本質とされるもの。→価値学説

  1. 哲学で、あらゆる個人・社会を通じて常に承認されるべき絶対性をもった性質。真・善・美など。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[社会/経済]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース