《「掛かり」と同語源》

  1. (「掛かり」とも書く)組織の中である仕事を専門に担当すること。また、その人。「係りの者が応対する」「案内係り」

  1. 文法用語。

    1. 助詞が、それを受けて結ぶ文末に影響を及ぼすこと。

    2. 係り結びの係りとなる語。係助詞。結びに対する「」「なむ」「」「」「こそ」など。

  1. 関係。かかわり。

    1. 「御情にて今迄ながらへたるが平頭 (ひんづ) の命、どこにゆかり―もなし」〈浄・松風村雨〉