• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

保革伯仲の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

政党などで、保守と革新のそれぞれの議員の数がほぼ同じであること。また、与党と野党の勢力がほぼ同じ場合にも用いられることがある。▽「保」は保守。「革」は革新。「伯」は長兄、「仲」は次兄の意で、「伯仲」は優劣のつけにくいこと、力が近接していること。

保革伯仲の解説 - 学研 四字熟語辞典

国会などで保守系と革新系の議員の数が大差なく競り合っていること。与党と野党の勢力が均衡していること。
注記
「保」は、保守。「革」は、革新。「伯」は、長男。「仲」は、次男のこと。「伯仲」は、力が近接していて、甲乙のつけがたいさま。
表記
「伯仲」を「白昼」「伯中」などと書きちがえない。

キーワード[懸隔・差異]の四字熟語

キーワード[政治]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。