福島市中心部の北方にある山。現在は市街地に囲まれ、市民の憩いの場となっている。標高275メートル。[歌枕]

「―忍びて通ふ道もがな人の心のおくも見るべく」〈伊勢・一五〉