• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

能の分類の一。多くは源平の戦いで、シテである戦死した武将が亡霊として現れ、戦いのありさまを語り、死後に落ちた修羅道の苦しみを語るもの。「八島」「頼政」など。五番立ての演能では2番目に置かれる。二番目物。修羅能。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉