倉田百三の解説 - 小学館 大辞泉

[1891~1943]劇作家・評論家。広島の生まれ。西田幾多郎に傾倒し、京都の「一灯園」に入って思索的生活を体験。評論集「愛と認識との出発」、戯曲「出家とその弟子」「俊寛」「布施太子の入山」など。

倉田百三の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
広島県庄原市
生年月日
1891年2月23日 うお座
没年月日
1943年2月12日(享年51歳)