• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 奈良・平安時代、位の低い者に一時的に授けられた高位の位階。高貴の人に謁見したり、外国へ派遣されたりする際に行われた。

  1. 勅許を受けるまでの間、国司がその管内の神社に仮に授けた位階。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉