1. その物や事柄がもっている価値。役に立つ程度・度合いや、その物の品位。「―のある本」「やってみる―がある」「人の―は外見では決められない」

  1. 品物の値段。あたい。「一文の―もないがらくた」

  1. 値段を評定すること。ねぶみ。

    1. 「あれでも―にしたら今じゃ余っ程するでしょう」〈漱石道草

出典:青空文庫