• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《上代は「しつぬさ」》倭文織りのぬさ。

「木綿 (ゆふ) だすき肩に取り掛け―を手に取り持ちて」〈・四二三六〉