《上代は「しつはた」》倭文を織る機 (はた) 。また、その織物。

「大君の御帯の―結びたれ」〈武烈紀・歌謡〉