• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「礼記」曲礼上から》相手とは殺すか殺されるかの関係で、一緒にはこの世に生きていられない。あだ打ちの、かたい決意を述べた言葉。→不倶戴天 (ふぐたいてん)