• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[名・形動]

  1. かたよること。心がひねくれていること。また、そのさま。「偏僻な人」

    1. 「空想に―し写実に拘泥する者は」〈子規・俳諧大要〉

  1. 都から離れた片田舎。「偏僻の地」