• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

偏旁冠脚の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

漢字を構成する部分の名称。▽左にある部分が「偏へん」、右にある部分が「旁つくり」、上にある部分が「冠かんむり」、下にある部分が「脚あし」。このほかには「垂たれ」「構かまえ」「繞にょう」などの構成部分があるが、これらの総称としても用いられる。

偏旁冠脚の解説 - 学研 四字熟語辞典

漢字を構成する部分。また、その総称。
注記
「偏」は、「へん」で、漢字の左にある部分。「旁」は、「つくり」で、右側の部分。「冠」は、「かんむり」で、上の部分。「脚」は、「あし」で、下の部分。ほかの「垂たれ」「構かまえ」「繞にょう」などを含んだ総称。
表記
「旁」は、「傍」とも書く。

偏旁冠脚の解説 - 小学館 大辞泉