• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

文字遊戯の一。漢字の旁 (つくり) を示して、これに種々の偏を付けた文字を次々と考えさせ、行き詰まると負けになるもの。一説に「偏突き」の意で、詩句の中などの漢字の旁を見せて、その偏を当てさせるものという。

「手まり、―などやうの事どもを、思ひ思ひにしつつ」〈増鏡・内野の雪〉