• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

偶像崇拝の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

偶像を信仰の対象として重んじ尊ぶこと。神仏を具象するものとして作られた像などを、信仰の対象としてあがめ尊ぶこと。また、あるものを絶対的な権威として無批判に尊ぶこと。▽「偶像」は神仏などにかたどり、信仰の対象として作られた像。崇拝や盲信の対象となるもののこと。
用例
そのもっとも大なる過失は過度の偶像崇拝をブルジョア既成観念から継承したことだ。<新居格・共産主義党派文芸を評す>

偶像崇拝の解説 - 小学館 大辞泉

絵画・彫刻・自然物などの可視的対象物を信仰の対象として崇拝・礼拝すること。ユダヤ教キリスト教イスラム教などでは厳しく否定される。偶像礼拝。