• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

論理学でいう虚偽の一。事物における本質的・必然的なものと偶然的・例外的なものとを混同して誤った推論を行うことから生じる虚偽。例えば、若くして死んだ女性が美人であったところから、一般に「美人は薄命である」を導き出すような論法。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉