目先の安楽を求めること。

「―姑息の貴族輩に至りては」〈陸羯南・国民論派〉

出典:青空文庫