• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

実態は労働者派遣であるのに、出向の形をとって労働者を就業させること。→偽装請負

[補説]事業者間で出向契約を締結して労働者を出向させていても、雇用機会の確保、経営・技術指導、職業能力開発、企業グループ内の人事交流などの正当な目的がなく、人材・労働力を提供するための事業として行われている場合は、職業安定法で禁止されている労働者供給事業にあたるとみなされる。