• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

造林で、十数年後に森林を更新するために3回に分けて伐採を行う方法。初め予備として疎伐し、次に母樹の傘下に飛散した種子が発芽・生育できるよう下種 (かしゅ) 伐を行い、稚樹が生長したのちに母樹を伐採し、新しい林を形成させる。三伐。