• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浮世草子。5巻。八文字屋自笑江島其磧 (えじまきせき) 合作。享保17年(1732)刊。遊女小女郎と玉屋新兵衛の恋物語。小女郎は身請けされるが、最後に尼となる。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉