• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]男の召使い。下男。
[代]
  1. 一人称の人代名詞。男性が自分のことをさしていう語。対等またはそれ以下の人に対して用いる。「―んちにおいでよ」「君のほうが―より若い」

  1. 小さい男の子に対して呼びかける語。「―のお名前は」

[補説]1は、現代では親しみのあるくだけた言い方として使われ、改まったときは「わたくし」を用いる。古くは「やつがれ」と読み、相手に対してへりくだる気持ちで用いられた。明治時代から、書生・学生が「ぼく」と読んで用いるようになった。