後頭部が隠れるように、法衣 (ほうえ) の後ろ首に三角形の板を用いて、えりを隠して着ること。また、その着方。そうごうくび。