• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ひねくれた考え方。ねじけた心。

    1. 「―にて、わが身をさしもあるまじきさまにあくがらし給ふ」〈・若菜上〉

  1. 思いちがい。誤解。

    1. 「又、いかなる御譲りあるべきにかなど、―を得つつ」〈・行幸〉