• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

儒林棟梁の解説 - 学研 四字熟語辞典

儒学者の中で頭かしらにあたる人。儒学を勉強する仲間うちでの重要な人物。
注記
「儒林」は、儒学者の世界、儒学者仲間のこと。「棟梁」は、重要な人物。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。