《古くは「つくのい」》「つぐない」に同じ。

「亭主の平あやまりにあやまるをせめてもの―に」〈蘆花思出の記

出典:青空文庫