• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

胎児が母体内でサイトメガロウイルス(CMV)に感染することで発症する病気。出生時に低体重・肝脾腫肝機能異常小頭症脳内石灰化血小板減少症網膜症痙攣 (けいれん) などの症状がある場合と、生後しばらくしてから、難聴や発達の遅れ、運動障害などが現れる場合がある。先天性CMV感染症。巨細胞封入体症。

[補説]母親が妊娠中に初めてサイトメガロウイルスに感染した場合に、胎児が発症する可能性がある。妊婦の1~2パーセントがCMVに初感染し、そのうち40パーセントが胎児に感染するとされる。