• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

網膜にあるL錐体またはM錐体の遺伝的な変異によって生じる色覚異常。赤や緑を識別しにくいという色覚特性を持つが、個人差が大きく、通常の色覚とほとんど変わらない場合もある。先天色覚異常のほとんどがこれにあたる。いわゆる赤緑色盲・赤緑色弱のこと。ドルトニズム。

[補説]L錐体は長波長域(赤~黄緑)、M錐体は中波長域(黄~緑)の光を吸収し、電気信号に変換して視神経へ出力する。先天赤緑色覚異常には、L錐体が欠損(1型2色覚)あるいはM錐体の感度特性に近似(1型3色覚)するものと、M錐体が欠損(2型2色覚)あるいはL錐体の感度特性に近似(2型3色覚)するものがある。遺伝形式はX染色体劣性遺伝をとる。→一型色覚二型色覚二色覚異常三色覚