1. 師。せんせい。

    1. 「荊軻 (けいか) 又田光―といふ兵 (つはもの) を語らふ」〈平家・五〉

  1. 東宮坊 (とうぐうぼう) 帯刀 (たちはき) の舎人 (とねり) の長。

    1. 「三郎―義憲、左衛門尉頼賢」〈保元・上〉

  1. ぜんしょう(前生)」に同じ。

    1. 「―の事を知りたく覚えて大師に祈念する」〈沙石集・二〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫