• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

輿の轅 (ながえ) の前方を担ぐこと。また、その人。先肩 (さきかた) 。

「人はかはれども祐慶はかはらず、―かいて」〈平家・二〉