• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

先難後獲の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

難事を先にして利益を後回しにする意。まず人のために困難なことを行って、自分の利益になることは後回しにすること。また、はじめに難事を行えば、後でその利益を得られること。利益を得るためには、まず困難なことを行わなければならないという教え。▽「先難」は困難を先に行うこと。「後獲」は人に遅れて利益を取ること。または後に利益を得られるという意味。「難かたきを先さきにして獲るを後あとにす」と訓読する。
出典
『論語ろんご』雍也ようや
類語
先苦後甜せんくこうてん 先憂後楽せんゆうこうらく

先難後獲の解説 - 学研 四字熟語辞典

難しい事にまっさきに取り組んで、利益はあとで得るということ。
注記
「難かたきを先さきにし、獲るを後のちにす」と読み下す。
出典
『論語ろんご』雍也ようや
類語
先憂後楽せんゆうこうらく

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。