• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雷。雷神。「鳴る神」に対して電光のほうを重くいう。

「―鳴りはた少女携はり共にあらむと」〈・四二三六〉

[補説]一説に、雷がなりはためく意から、なりはた少女 (おとめ) にかかる枕詞とする。