• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

強力なレーザーを用いて微粒子を捕捉・移動する技術または装置。レーザーの焦点近傍に電場の勾配が生じ、誘電体と見なせる微粒子に対し、焦点に引き寄せられる力がはたらく原理を利用する。扱える微粒子の大きさは数ナノメートルから数マイクロメートル程度で、たんぱく質酵素ウイルス細菌などを破壊せずに取り扱うことが可能となる。

[補説]1986年に米国のA=アシュキンが開発。同業績により、2018年にノーベル物理学賞を受賞した。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉