• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

四次元の時空(ミンコフスキーの時空)の座標で、ある時刻tに位置(x,y,z)から発せられる光子が描く円錐。光速をcとして、(ct)2-x2-y2-z2=0で表される。質点の運動の軌跡は因果律に従い、この円錐の時間軸を含む内部を超えることはない。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉