• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光明皇后の解説 - 小学館 大辞泉

[701~760]聖武天皇の皇后。名は安宿媛 (あすかべひめ) 、また光明子とも。父は藤原不比等 (ふじわらのふひと) 、母は橘三千代 (たちばなのみちよ) 孝謙天皇の母。臣下の娘で皇后になった最初の例。仏教を尊び、悲田院施薬院を設置して福祉事業を行った。自筆と伝えられる「楽毅論」が正倉院に伝存。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉