• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光感受性薬剤を静脈注射し、患部に集中したところで弱いレーザー光を照射する療法。前癌 (ぜんがん) 病変や早期の食道癌胃癌子宮頸癌・加齢黄斑変性などに適用。光感受性薬剤としてフォトフリン・レザフィリン・ビスダインなどを使用する。PDT(photo-dynamic therapy)。→レーザー療法