• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

レーザーと超音波を組み合わせ、生体組織や患部などを外部から観察する手法。近赤外レーザーのパルスを照射し、特定の組織や細胞が光を吸収して瞬間的に膨張するときに発する微弱な超音波を検出し、それを可視化する。乳がんをはじめ、早期発見に利用する研究が進められている。光音響イメージング。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉