• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 主義・主張などが特定の党派にかたよっていること。

  1. マルクス主義の用語。理論が階級性をもつこと。階級社会においては、理論は階級の利害を反映しており、無党派性は支配者階級の主張で、党派の偽装にすぎないとされる。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[社会/政治]カテゴリの言葉