• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小林多喜二の中編小説。未完。昭和8年(1933)、著者が官憲の拷問で死亡した直後、かなりの部分を削除・伏字とし、「転換時代」の題で「中央公論」誌に掲載された。戦後、ゲラ刷り草稿をもとに完全原稿が復元された。