• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「さ」は接尾語》月などのはいる時、または、はいる方角。いりがた。多くは歌枕「いるさの山」にかけて用いる。

「夕月夜―の山の木隠れにほのかにも鳴くほととぎすかな」〈千載・夏〉