[動ラ五(四)]
  1. 人や物がある場所・範囲・状態などに移る。はいる。

    1. ㋐外から中に移動する。「道が山あいに―・る」「葷酒 (くんしゅ) 山門に―・るを許さず」

    2. ㋑移り動いて物の陰に隠れる。太陽や月が沈む。「日が山の端に―・る」

    3. ㋒特定の環境に身を移す。「渦中に―・る」「仏門に―・る」

    4. ㋓時が進行して、ある時刻・季節になる。「土用に―・る」

    5. ㋔心・目・耳などの感覚を通じて対象をとらえる。「目に―・るものすべてが珍しい」

    6. ㋕しだいに移ってある状態に達する。ある状態にまで深くはいっていく。「話が佳境に―・る」「悦に―・る」

    7. ㋖内部にくぼみ、裂け目が生じる。「茶碗にひびが―・る」

    8. ㋗いっぱい含まれる。こもる。「念の―・った仕事ぶり」

  1. 動詞の連用形に付いて、その動作や状態の程度が非常に深い、また、その動作に徹したり、その状態にすっかりなってしまったりする意を表す。「ぐっすり寝―・る」「心に染み―・る」「恥じ―・る」「恐れ―・ります」

  1. (「いらせ給ふ」「いらせらる」などの形で)「来る」「行く」「居る」の意を表す。

    1. 「御輿 (みこし) の―・らせ給ふほどなど」〈大鏡・道長上〉

[動ラ下二]い(入)れる」の文語形。
[補説]1は文語的な言い方で、現代語ではふつう「はいる」を用いる。しかし、「気にいる」「堂にいる」「有卦 (うけ) にいる」など慣用的な表現の中では現在でも多く用いられる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫