• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小中学生の体力の状況を把握・分析するために文部科学省が実施する調査。全国の小学校5年生と中学校2年生が対象。握力・上体起こしなど8種目の実技調査、運動習慣・生活習慣・食習慣などに関する質問紙調査が行われる。学校における体育・健康教育の改善に役立て、子供の体力低下に歯止めをかけるのがねらい。初回の平成20年(2008)は全国の約72パーセントの小中学校が参加した。全国体力テスト。全国体力調査。

[補説]文部科学省は、昭和39年(1964)からサンプル調査による「体力・運動能力調査」を実施している。平成11年(1999)からは、対象年齢をそれまでの6~59歳から6~79歳に拡大し、テスト項目を見直した「新体力テスト」を導入。しかし、子供の体力・運動能力の低下傾向が依然として続いていることから、課題の検証と改善のため、平成20年(2008)、従来の体力・運動能力調査と並行して、悉皆 (しっかい) 調査による「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」を導入した。