• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いく度も染めること。

「色深き袖の涙にならふらし千入 (ちしほ) ―染むるもみぢば」〈新拾遺・哀傷〉