• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 日本神話で、神武天皇の東征のとき、熊野から大和へ入る山中を導くため天照大神 (あまてらすおおみかみ) から遣わされた烏。新撰姓氏録は、鴨県主 (かものあがたぬし) の祖である賀茂建角身命 (かもたけつのみのみこと) が化したものと伝える。

  1. 中国古代の説話で、太陽の中にいるという3本足の赤色の烏。また、太陽の異称。

  1. 朝賀・即位などの際に庭上に立てる、金銅製の烏を先端につけた幢 (はた) 。烏形幢 (うぎょうどう) 。

    1. 「例の―、見も知らぬものども」〈讃岐典侍日記・下〉