《倭寇 (わこう) が船旗に書いた八幡あるいは八幡大菩薩の神号を、「ばはん」と読んだところから生じた称ともいう》

  1. 倭寇の異称。

  1. 戦国時代、外国に対する海賊行為のこと。

  1. 江戸時代、国禁を犯して外国へ渡ったり通商貿易をしたりしたこと。抜け荷買い。

  1. 八幡船 (ばはんせん) 」の略。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース