1. ウコギ科の常緑低木。暖地の海岸近くに自生。葉は枝先に互生し、柄が長く、手のひら状に七~九つに裂けている。花は初冬に咲き、白い小花が球状に集まり、さらに円錐状につく。実は丸く、翌年4月ごろ熟す。耐陰性があり、庭木とする。てんぐのはうちわ。 冬》

  1. ヤツデヒトデのこと。

  1. 八つ手網」の略。