• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

どこから見ても欠点のないこと。また、その人。

「難波女に姿の足らはぬ所なしとて、―といふ者あり」〈浮・諸艶大鑑・六〉